当組合では、被保険者ならびに被扶養者の皆様の健康の保持増進と疾病予防対策として、次の保健事業を実施してまいります。





1.健診事業
  (1)〜(4)のいずれかを年度内一回限りといたします。

(1)生活習慣病健診

@ 35歳以上の被保険者・被扶養者を対象とします。

A 健診は、年間を通じて契約健診機関で実施します。

B 健診項目は、一般的な生活習慣病の検査項目で、労働安全衛生法(労安法)の検査項目を網羅しています。

C 自己負担金は、8,000円です。



(2)巡回検診(検診車)

@ 35歳以上の被保険者・被扶養者を対象とします。

A 健診は、4月〜7月の間に県内の各会場で実施し、(社)千葉衛生福祉協会千葉診療所の検診車で実施します。なお、原則30人以上の受診があれば、事業所等へ検診車を派遣することができます。

B 健診項目は、一般的な生活習慣病の検査項目で、労安法の検査項目を網羅しています。(胃部X線は間接撮影です。)

C 自己負担金は、4,000円です。



(3)特定健康診査(特定健診)

@ 40歳以上の被保険者・被扶養者を対象とし、被扶養者を重点として実施します。「受診券」を発行します。

A 健診は、年間を通じて契約健診機関で実施します。 また、巡回方式により公民館などを健診会場として実施します。
契約健診機関はこちら>>>

B 健診項目は、メタボリックシンドロームの予防を重視した検査項目です。

C 特定健診につきましては、当組合が全額費用を負担しますので、自己負担金はありません。



(4)特定健診補助金制度(40歳以上の被保険者・被扶養者が対象)

@ 労安法に基づき実施した「検診結果(写)」を事業所から当組合に提供された場合は、「特定健診補助金」として1件(1人分)に付き2,000円を事業主様にお支払いします。(被扶養者の方も含みます。)

A 個人で健診を行った場合は、「特定健診の検査項目の健診結果(写)」を当組合に提供していただければ、「特定健診補助金」として1人分2,000円をお支払いします。



(5)保健指導・特定保健指導

@ 保健指導及び健康相談は、健診結果により健康の保持に努める必要がある方で、35歳以上の被保険者・被扶養者を対象として契約健診機関等の保健師等により、実施します。

A 特定保健指導は、40歳以上の被保険者・被扶養者を対象として契約健診機関等の保健師等により、メタボリックシンドロームのリスク(情報提供・動機付け支援・積極的支援)に応じた保健指導を実施します。

B 当組合が全額費用負担しますので、自己負担金はありません。

 

  ページの先頭へ

2.疾病予防事業


(1)糖尿病等慢性疾患の重症化予防事業

健康診断結果から重症化(腎不全、人工透析等)するリスクの高い人を抽出し、かかりつけ医と連携した重症化予防プログラム(腎不全、人工透析への移行を防止)を実施いたします。
当組合が全額費用負担しますので、自己負担金はありません。



(2)インフルエンザ予防接種事業

近年、インフルエンザが慢性的に流行する状態が続いていることから、健康保険組合では、東振協と共同で「インフルエンザ予防接種事業」を実施し、接種費用の一部(1人1,500円)を補助いたします。この機会に予防接種を受けることをお奨めいたします。
なお、申込受付期間は毎年9月頃から2月末を予定しております。 詳細につきましては、東振協インフルエンザ予防接種のホームページ(http://www.toshinkyo.or.jp/influenza.html) をご覧ください。

 

  ページの先頭へ

3.体育奨励事業

(1)東京ディズニーランドリゾートパークチケット割引券

健康保険組合では、「東京ディズニーランド・ディズニーシー」の入園料を補助(1人1,500円)する「コーポレートプログラム利用券」を交付いたします。是非ご利用ください。
お問い合わせは、健康保険組合までお願いいたします。



(2)スポーツクラブルネサンスの利用

健康保険組合では、スポーツクラブルネサンスと法人契約を結び、被保険者及び被扶養者が法人価格で施設をご利用いただけます。 この機会に、メタボリックシンドローム対策や心身のリフレッシュにご活用ください。
詳細につきましては、株式会社ルネサンスのホームページ
http://www.s-re.jp/renaissance/hcbiz/all_kenpo/index.html)をご覧ください。

 

  ページの先頭へ

4.育児支援事業

(1)情報雑誌の配布

健康保険組合では、出産した方を対象に育児支援情報誌・月刊『赤ちゃんとママ』を1年間無料で自宅へお届けいたします。



  ページの先頭へ